歯並びと矯正治療
Mobile版

1.矯正治療はここ10年程で大きく変わってきています、治療方法,使用する材料の開発が進み目立たない装置での治療が可能となりました。

2.歯並びが悪いと何故いけないのか?

@.虫歯や歯槽膿漏になりやすい
A.うまく咬めない
B.口元に自身が持てない
C.発音が悪い
D.顎関節症になりやすい
E.知能や運動機能にも影響する

3.治療期間は、簡単なもので1年位で通常1.5年〜2年が平均的治療期間です。
(ただしこれは、歯を動かす期間だけでこれ位で、その後保定装置が必要になります。)

4.通院間隔は通常月1〜2回の間隔です。

5.横顔がきれいになります。(受け口や出っ歯の方は前歯の位置を正しい位置にもってくることにより理想的な横顔に変身することが可能です。)

6.子供が受けるものと思われがちだった矯正治療も,ここ数年成人の患者が急増してます。歯ぐきが健康であれば、40〜50代の方でも治療は可能です。

7.さし歯のままでも専用の接着剤を使用すれば矯正可能です。

[0:戻る]